食べ過ぎやストレスなどが原因で起こる逆流性食道炎には、ネキシウムが最適です。悩んでいる人は是非一度試してみましょう。

  • ホーム
  • D2ブロッカー:D2受容体に吸着し統合失調症改善

D2ブロッカー:D2受容体に吸着し統合失調症改善

薬の瓶

統合失調症治療薬には、D2ブロッカー(ドパミンD2受容体遮断薬)であるものが多くあります。
統合失調症の症状は陽性症状、陰性症状、認知機能障害に大別されます。
D2ブロッカーはこの内の陽性症状の治療に効果が期待できます。

まずは統合失調症の症状を簡単に述べておきます。
陽性症状とは、幻覚、幻聴、妄想、興奮、支離滅裂な思考などがあります。
陰性症状は、感情の平板化、意欲の低下、思考の低下などがあたります。
認知機能障害は、選択的注意の低下(周りの物音にとらわれて集中できない)、記憶や理解力の低下といった機能に障害が現れます。

D2ブロッカーは、このうちの陽性症状の治療に役立つとされています。
その働きは、中脳辺縁系にあるD2受容体に吸着することで、ドパミンの結合を阻害することです。
陽性症状があらわれているときには、ドパミンが過剰分泌されています。
このとき、D2ブロッカーを使うことで、ドパミンの吸着を防ぎ、その作用を弱められます。
こうして適当な量のドパミンだけが作用するように調整することで、陽性症状を抑えられるのです。
このような作用機構を持つ薬を定型抗精神病薬と呼びます。

ただ、D2受容体は中脳辺縁系以外にも存在しているため、D2ブロッカーは他の部分にまで吸着してしまいます。
その結果、パーキンソン症候群や高プロラクチン血症などの副作用が表れる可能性があります。
また、陰性症状を誘発する恐れもあり、問題視されてきました。

その副作用問題を克服するべく開発されたのが、非定型精神病薬と呼ばれる薬です。
D2受容体阻害作用が弱まっていますが、セロトニン受容体阻害作用も併せ持つことで、陽性症状と陰性症状の両方の改善が期待できるのが大きな特徴です。
また、パーキンソン症候群などのリスクも抑えられています。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧