食べ過ぎやストレスなどが原因で起こる逆流性食道炎には、ネキシウムが最適です。悩んでいる人は是非一度試してみましょう。

  • ホーム
  • 食べ過ぎた食後のネキシウムの効果

食べ過ぎた食後のネキシウムの効果

食べ物を摂り、これらが胃に移動すると胃は消化するために胃酸を分泌します。
その後食物は、胃酸によって消化されて小腸でさらに消化され吸収されますが、食べ過ぎると食後に過剰に胃酸が分泌されます。

通常、胃酸と胃の粘膜の防御能力はバランスが取れており、胃酸によって胃が消化されないようにされているのですが、食べ過ぎによる過剰な胃酸の分泌によってこのバランスが崩れてきます。
胃酸が食道に逆流し吐き気や胸焼けが起こる、あるいは食物が胃の中にあり続けることで胃もたれが起こったりします。
少々の胃もたれであれば、胃に負担をかけないように安静にすればいいのですが、以前に胃潰瘍や逆流性食道炎になったことがあるといった病的な場合であれば治療の対象となります。
こう言った場合の改善方法の内、薬物による治療であれば胃酸の分泌を抑える薬が適応されます。

この時に用いられる薬にネキシウムという薬があります。
この薬を食後に服用すると強力に胃酸の分泌を抑制するため、上記のような食べ過ぎによる吐き気や胸焼けといった症状が改善されます。
また、このネキシウム以外にも胃酸の分泌を抑制する薬は販売されていますが、ネキシウムに対して効果が劣るものや、同等であっても服用した方の遺伝的な影響を受けて効果に個人差があるものが多いです。
強力な効果と安定性においてネキシウムは有益性が高いと考えられます。

また、通常であれば食べ過ぎる機会を事前に予測することが出来ないことが多くあります。
ネキシウムは1日1回食後に服用することで効果が持続するため、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療として用いているネキシウムが食べ過ぎの際の症状の予防につながることになります。