食べ過ぎやストレスなどが原因で起こる逆流性食道炎には、ネキシウムが最適です。悩んでいる人は是非一度試してみましょう。

  • ホーム
  • 胃潰瘍治療薬ネキシウムと生理機能低下時に富士薬品

胃潰瘍治療薬ネキシウムと生理機能低下時に富士薬品

黄色のカプセル

胃潰瘍の治療薬として知られるネキシウムは優れた治療効果を示すことが知られています。
ネキシウムが胃潰瘍で効果を発揮する作用機序はH2受容体と呼ばれるヒスタミン受容体の一種を選択的に阻害することにより、プロトンポンプと呼ばれるタンパク質の機能を抑制することによります。
これによって胃酸分泌が抑制されるため、胃の酸性度が低下します。
それによって胃の粘膜刺激が小さくなるため、自然の治癒力による胃潰瘍の回復を促進することができるのがネキシウムの効果です。
こういった作用機序によって高い効果を発揮することから胃潰瘍の治療薬として第一選択薬となっているものの、欠点が全くないわけではありません。

生理機能の低下している人では使用において注意が必要とされるというのがその代表的な欠点です。
生理機能が低下している人の代表となるのが高齢者であり、高齢者の胃潰瘍治療においてはネキシウムが用いられず、富士薬品の胃薬が用いられることも多々あります。
高齢者となって生理機能が低下するとネキシウムの代謝に支障が生じることがあるからです。
肝機能の低下が見られている場合にはネキシウムの使用には慎重にならなければならず、代謝がしっかりと行われずに血中濃度が高くなってしまうリスクがあります。
そのため、胃酸を中和する働きを持つ富士薬品の胃薬のように比較的穏和な効果を発揮する医薬品が用いられることが多くなっています。

しかし、肝機能が正常である場合には富士薬品の胃薬を選ぶ必要は必ずしも必要はありません。
ネキシウムは肝臓での代謝がほとんどであることから、腎機能が低下していても使用することができるという点は使用におけるメリットとなる点です。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧