食べ過ぎやストレスなどが原因で起こる逆流性食道炎には、ネキシウムが最適です。悩んでいる人は是非一度試してみましょう。

  • ホーム
  • ネキシウムの作用機序について

ネキシウムの作用機序について

診ている医者

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に用いられる薬です。
この薬はいったいどうやってこのような潰瘍に効いているのでしょう。
できるだけ分かりやすく説明しましょう。

まず、そもそも胃潰瘍や十二指腸潰瘍はどのようにして起きるのかを見てみます。
こういった潰瘍は、胃から分泌される消化液である胃液に含まれる胃酸が大きな原因となっています。
胃酸は化学的には塩酸と同じもので、酸性度を表すpHは1.5程度と強酸性の液体です。
普通は、このような強酸性の液体にさらされても胃自身や十二指腸自身は影響を受けない仕組みが整っています。
何らかの原因で胃酸の分泌が多くなりすぎたり、この仕組みが弱まったりした場合は、胃や十二指腸そのものが傷つけられて潰瘍になってしまうわけです。

ちなみに、なぜそんなやっかいな液体である胃液を、ヒトは分泌しているのでしょう。
もちろん理由があり、それは一種の防衛システムなのです。
つまり、私たちが口にする食物中には、どれだけ気をつけて調理しても、実際には多くの細菌が含まれることが避けられません。
いくら加熱調理しても、空気中にも多くの細菌がただよっていますから、料理をお皿に移し、口に運んでいる間に入り込んできてしまいます。
強酸性の胃液により、そのような細菌を胃液によっていわば殺菌消毒しているのです。

胃酸に話を戻しますと、これは胃壁の細胞に存在しているプロトンポンプと呼ばれるものから分泌されます。
プロトンというのは水素イオン(H+)のことで、酸の本体です。
つまり酸をまるでポンプのように胃内に分泌するので、このような名前がついています。
ネキシウムは、このプロトンポンプを止める働きを持った薬なのです。
プロトンポンプを止めることで胃酸の分泌を止め、胃酸によって起こる潰瘍を治そうとする薬だと言えます。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧