食べ過ぎやストレスなどが原因で起こる逆流性食道炎には、ネキシウムが最適です。悩んでいる人は是非一度試してみましょう。

  • ホーム
  • ガストリン拮抗剤で食道炎の症状が未鎮静はネキシウム

ガストリン拮抗剤で食道炎の症状が未鎮静はネキシウム

ガストリン拮抗剤には胃酸の分泌を抑える働きがあります。
具体的には胃の細胞にあるガストリン受容体を阻害することで、胃酸の分泌を抑えます。
ガストリン拮抗剤を使用したら、食道炎の症状が軽くなります。
胸焼けや吐き気といったものが主な症状ですが、ガストリン拮抗剤を使うことで、そういった不快な症状が改善します。
しかし、この薬の胃酸を抑える効果はやや小さいと言われています。
これを使って食道炎の症状がおさまらない時は、ネキシウムを使うのが良い方法です。

ネキシウムも胃に直接働きかける力を持っています。
ネキシウムの場合は、胃のプロトンポンプを阻害することによって、胃酸を少なくします。
ガストリン拮抗剤が効かない場合でもネキシウムを取れば、逆流性食道炎は改善されることが多いです。
ネキシウムはガストリン拮抗剤よりもはるかに強い効果を持っていることが科学的に判明しています。
ただしこの薬の実際の効果には個人差があるので、すぐには効き目を実感しなくてもしばらく飲んでみる必要があります。

逆流性食道炎は簡単には良くならない病気なので、根気よく治療を続ける必要があります。
その治療の中心になる薬がネキシウムです。
ネキシウムの他に胃の働きを活発する薬が出されることがあります。
胃の動きが活発になれば、胃の中の食物が早めに腸の方に送られて、胃酸の量が少なくなるからです。

ネキシウムは普通は一日一回寝る前に服用します。
寝る前に飲むのは寝ている間に胃酸が逆流するのを防ぐためにでもあります。
この薬は長く飲み続けても深刻な副作用が出ることはほとんどありません。
それでも長期にわたって服用するときは、一年に一回程度血液の検査をした方が安心です。