食べ過ぎやストレスなどが原因で起こる逆流性食道炎には、ネキシウムが最適です。悩んでいる人は是非一度試してみましょう。

更新履歴
医者と患者

逆流性食道炎の直接的な原因は、胃酸が食道に逆流することによって、食道が害されることによります。
逆流する原因は、食事の内容、肥満、加齢、姿勢など様々なもので、それぞれを改善する必要があります。
これとともに、通常は薬剤を使用することで、その症状を和らげることが一般的です。
逆流性食道炎の原因が胃酸によるものであることから、胃酸の分泌を抑制する薬剤が適応されます。
この胃酸の分泌を抑制する薬剤は複数市販されており、それぞれ特徴があります。

その中で、ネキシウムは逆流性食道炎に対して特に良い治療効果が期待できます。
ネキシウムの長所として、その効果が強力であることが挙げられます。
これまで、胃のヒスタミンの分泌を阻害することで、胃酸の分泌を抑制する薬剤が多く用いられてきましたが、ネキシウムは直接に胃酸の分泌を阻害し、高い効果を発揮します。

また、もう一つの長所として、その安全性が挙げられます。
ネキシウムは酸性下で初めて活性体となるため、胃の中でしかその効果を発揮しません。
これは、他の体の器官では作用しないことを意味し、副作用が発現しないことになります。
現に、添付文書においても、高頻度の副作用は存在しません。

また、他の薬剤の代謝や排泄を阻害しないため、薬剤間での相互作用が少ないです。
また、ネキシウムと同系統の薬剤も複数あり、上記の長所はこれらの薬剤にも言えることです。
しかし、同系統の他の薬剤はその効果に個人差が発生しやすいことに対して、ネキシウムは比較的に個人差が少ないことが認められています。
効果が高く、安全性についても良好であり、どのような方でも同じような効果が期待できることから、ネキシウムは逆流性食道炎の治療には最適であると言えます。